プロフィール
名前:NERU(新潟演劇感想例の掲示板運営部)
ウェブサイトURL:http://ak.to/geki
一言:リポーターさんをゆる〜く募集中です♪

2013年03月04日

第11回稽古場リポート|劇団ハンニャーズ「ウルトラリップス」

夜から雨が降り出した二月某日、三月に上演される劇団ハンニャーズさん「ウルトラリップス」の稽古にお邪魔させてもらいました〜。

no04.JPGno05.JPG

今回の作・演出である中嶋かねまささんにお話をお聞きしました。

画像 685.JPGQ:作品の見所は?
A:作品的な見所としては、最後の謎解きのシーンでちゃんと最後のワンピースがはまるかどうか、はまって一枚の絵になったかどうかっていうところが見所だよね。まぁ一枚の絵になるはずなんだけど(笑)
あとは、いわゆる「探偵役」のキャラクターっていろいろあるじゃん?でもうちはそんな本格的なミステリーなんてものをうちの劇団員だけでやったことがないので――今までは先輩の方とかに客演で謎解き役をしてもらってたんだけど――今回はうちの劇団員が探偵役で、謎解きもその人がすんの。
で、どんな探偵にするか?台本レベルではなくて、立体化された舞台の中でどんなキャラクターにするのか?っていうのが、稽古しながらすげぇ大変だった。なんか言ってることに説得力ないよねー…とか、それだと声が聞こえないとか。
そんな探偵役を今回は小出佳代子がやるんだけど、小出佳代子が役者としてどんな風に化けているか、そんなところも見所だと思います。


no03.JPGQ:演出のこだわりは?
A:舞台上で役者さんが嘘つかなくて済むように交通整理をしていくことかなぁ。
交通整理っていうのは、書かれた台本に対してこういう解釈で、こういう文脈でやってほしいんですよ。っていう演出としての意図と作家としての意図と、役者さんのほうで「こういう風にやりたいんだ」「こういう風になってしまうんだ」っていうところのすり合わせを嘘くさくないように纏めるっていうことが一番のこだわりかな。
嘘っぽい舞台にしたくない、っていう。
物凄い大嘘があって、その上に成り立っている本当であってほしい感じ。
いろんなところでボロがでてるな、っていうのは嫌なんだよね。
コントとかでも「こんな設定ありえねーよよ!」って思うけども、前提の大きな嘘とかフィクションとしてお客さんは了解してくれるじゃない。で、了解してもらった後に、丁寧に作り込まれてたり、素晴らしいアイディアがあったりして、それを丁寧に且つスピーディに良いように演じてもらえると「嘘っぽいな」とも思わないじゃん。
コントであっても感情移入するでしょ?感情移入するから、演者の呼吸に合わせて観てる方も息が詰まったり思わず吹き出してしまったりとかする。感情移入してもらうためには「嘘っぽくないように」っていうのをとても大事にしています。
一つの作品の中でなるべく嘘が少ないようにしていきたい。っていうのが昔からのこだわりかなー。


no02.JPGQ:今作の上演理由
A:うちは、どっちかっていうと笑いを中心にしてやってきた劇団なんだけど、今回ミステリーをやろうと思った理由は、ミステリーができると何でもできるなって思ったの。
で、今まで笑いみたいなのをやってきたけど、別に笑いをやめようと思ったわけじゃなくて、一回「本格的なミステリーをやりますよ」って言ってできたら何でもできるかなー、って思ってミステリーにした。…んだと思う。去年の秋くらいの話だからあやふやだけどね(笑)
(ここからしばらく舞台でミステリーを上演する大変さについて語られましたが長い上に段々質問からそれてきたので割愛。知りたい方は中嶋さんかリポーターに直接聞いてください)


no01.JPGQ:ハンニャーズってどんな劇団なんですか?
A:なんかそれは「中嶋くんの人生はどんな人生なんですか?」って聞かれてるのと同じだからね。すげー難しいよね。
どんな劇団なんだろうね?
うちは…あんまり上手じゃないよね。上手に器用に何でもこなせる!っていう劇団じゃないから、だから、なるべく稽古を丁寧にやろうとしている劇団…なんじゃないかなぁ…。
(一つの公演が)終わるたびに「こんなんで良いんだろうか…」っていうのを、結構ヤバいところまで考えちゃうからね。もうやめちゃおっかなー、とか。思うからねぇ。
…と言いながらもう15年以上続いてるか。ん?17年くらいか?
まぁ、割と節操がないとうかね(笑)
非常に不器用な劇団だから「こんなことをやってみたら何か新しいものが解るのかなぁ」って言う風に健気に稽古をしている劇団ですよ。


no06.JPGQ:今後上演したいジャンル
A:「ゴールデンハンモック」と「ウルトラリップス」の両方がミステリーで――「ゴールデンハンモック」はミステリーっていうよりサスペンスっぽい感じだったけども――ミステリー、ミステリーと続いたからまたコントやりたいなって思ってるんだよね。
その他のジャンルは…例えばだけど、シェイクスピアをやろう、とかは思ってないかなぁ。
俺が「これやりたいなぁ」って思ったらそれをやる事になっちゃうからね。先のことはよく解らないです。続けられてるといいなぁ、とは思うけどね。


no07.JPGQ:最後になにか言い残したことなどあれば
A:特に無い!(笑)
時間があったら観に来てください。



「ウルトラリップス」出演者から一言!
※作品の内容上、役名は伏せています。

画像 698.JPG小出 佳代子
今回は個性的というか、とても魅力的な役をやらせていただくので、なるべくその良さが出せると良いなと思っています。私以外の人もみんな今回の役はそれぞれ個性的ですごく魅力的なので、きっと楽しい作品になるかと思いますので、ぜひよろしくお願いします。


画像 693.JPG近藤 聡実
今回の役は、出演者の中では私は上から二番目くらいに年長なんですが、たぶん一番動き回っている役です。そのせいか最近、体に支障をきたし非常に大変なんですけど(笑)でも今回もハンニャーズの近藤らしい役柄なので、ハンニャーズ好きの人にはとても楽しんでもらえるんじゃないかと思っています。年齢のことを気にせずに頑張りたいと思います。


画像 691.JPG山田 好宏
えー…、なんでか分からないですが、刑事の役と、スーツを着ることが非常に多いです。刑事とスーツってかっこいいイメージがあるんですけど、なかなかかっこいい感じの役にならないことが多かったんです。今までは。でも今回はちょっとかっこいいんじゃないかな、と勝手に思っています。観に来て確認していただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。


画像 690.JPG横山 泰之
ミステリーということで、皆さん大活躍します。謎も多いです。最後にはものすごい事も待っています。ぜひ期待して観に来てください。よろしくお願いします。


画像 700.JPG渡辺 美恵子
ハンニャーズの、一応、新人にはなるんですが、出演者の中では舞台に出演している経験も少ないので、他の皆さんの足を引っ張らないようにしたいです。今回は表方と裏方と両方やらせてもらっています。ハンニャーズのミステリーは毎回面白い作品だと思っているので、ぜひぜひ観ていただきたいです。


画像 692.JPG先川 史織 (free)
今回は客演ということで出演させていただいているんですが、ハンニャーズさんの緻密な作品作りを目の当たりにしてとても勉強になります。お話は、王道のミステリーということで、とても良く練られた作品であり、ハンニャーズの役者さんの魅力も詰まった作品になっています。私の役どころは、薄暗い感じの挙動不審な役です(笑)新潟の幸薄女優の名を欲しいままにしようと頑張っています(笑)とても面白い作品になっているので、皆さん観に来てください。


皆さんお答えいただきありがとうございました!
余談ですが、「笑いは難しいけど最強だ」と語る中嶋さんに全力で同意して、力いっぱい頷くリポーターでした。


**インフォメーション**

ul.omote.jpg


劇団ハンニャーズ本公演第26弾
「ウルトラリップス」

作・演出:中嶋かねまさ

CAST
小出 佳代子
近藤 聡実
山田 好宏
横山 泰之
渡辺 美恵子
先川 史織(フリー)

あらすじ
偽霊能力者の経歴を持つ七浦千里のもとに、刑事の大宮渡が訪れる。
ある人物のもとに届いた殺人予告の捜査協力をしてほしいというのだ。
七浦とその同居人である乙羽子は、予告状の受取人、東屋雫に出会うが、彼女はヒール能力(治癒能力)を持つ霊能力者だった。
刻々と時間が進む中、七浦は天才的な洞察力でヒール能力と殺人者の正体に迫ってゆく。
殺人予告は実行されるのか?東屋に隠された過去と能力の謎とは?
衝撃の展開と驚愕の結末を迎える「ウルトラリップス」
中嶋かねまさ3年ぶりの新作オリジナル。
本格異能ミステリーに乞うご期待!


日時
3/16(土) 19:30〜
3/17(日) 14:00〜
3/19(火) 20:00〜
3/20(水) 14:00〜
3/22(金) 20:00〜
3/23(土) 14:00〜、19:30〜
・受付開始:30分前
・開場:20分前

料金
前売一般:1800円
前売高校生以下:1000円
※当日各300円増

会場
シアターent.(新潟市西区寺尾1−7−20)
http://www.catacombe.net/ent/index.html

大きな地図で見る

★お問い合わせはこちら★
HP:http://828s.3w.to/
E-mail:hannya-s☆mail.goo.ne.jp
TEL:080-5534-8828

文責:船越美香
posted by 「例の掲示板」運営部 at 22:04| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 稽古場リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第十回稽古場リポート|劇団@nDANTE 「お勝手の姫」

okatte_top.jpg

劇団@nDANTE(アンダンテ) 「お勝手の姫」の稽古にお邪魔してきました!真っ昼間から稽古をしていて、とても健康的な劇団です。

P3023987.JPGまずは、円になり皆でストレッチをしながら諸連絡をしつつ雑談もしつつインタビューにも答えてくれました。
この日は残念ながら皆さんが揃うのが夕方とのことで少人数でのスタート。
彼らは名前では呼び合わず、ニックネームで呼び合っていました。
手前からぐるっと時計回りに ”ポッター” ”シロちゃん” ”イシケン” ”ルナシー” ”ブルース”
 
では、その風習に乗っ取りまして、リポートを進めていきます。
まずは、劇団の主宰で演出で出演しているイシケン(石川直幸)さんにお話を聞きます。

彼は山形県在住で、週末になると車で3時間くらいかけて新潟にやってきて稽古をしています。
そんなこともあって、週末は早い時間から開始して長時間の稽古をしているのですね。健康的なのかどうかは疑問ですが、とにかくガッツはあると思います。

Q:今回の作品「お勝手の姫」はどんな作品ですか。
A:王道に笑って泣けるお芝居で、分かりやすい話なので誰でも楽しめる作品です。ラストはtrue endです。
注:true endとはイシケンさんの造語です。happy endではなく、現実的な終わり方をするという意味と私は理解しました。

(なるほど、演劇初心者でも大丈夫そうです!true endというラストも気になります。)


P3024004.JPGQ:どうしてこの脚本を選んだのですか。
A:脚本がいいと思って。大学に入学し演劇研究部に入り一番最初にやった作品で「演劇っていいな」と感じて、いつかやりたいと思っていた。そして、やれるときが来たから。
お芝居をすることで色んな人と知り合って、その知り合えた人と一緒に芝居をして、またそこで人の輪が広がってお芝居をして、、の連続で、今回のメンバーに出演してもらえることになりました。

(いつも既成台本を使っているので、選考基準を聞いてみました。純粋な気持ちから来ているのですね。私は以前、イシケンさんのオリジナル脚本の公演を観たことがあり、なかなかぶっ飛んでいて好きだったので、オリジナルも期待してます。)


P3024005.JPGQ:演出のこだわりはなんですか。
A:輝け。役者に上手い下手ではなく輝いてほしい。そして役者同士で愛し合って欲しい。恋愛ではなく、心の垣根をとっぱらってほしい。普通の生活では味わえないような熱い濃い、いわば青春の時間を共に感じ合ってほしい。もちろんお客さんの評価をもらった上での話なのだけど。皆で愛しあって、その愛を外に向けていきたい。心をさらけ出せるように、愛を持ってバカなことができるように意図的に稽古場の雰囲気をつくっている。こんな風に!


Q:作品のみどころを教えてください。
A:本がおもしろいです。そして、役者たちがいきいきと輝いて生きているところを見てほしいです。
ストーリーは簡単なのですが、変な登場人物ばかりで、普通に生きている自分たちとは違うので、演じようとするとウソが見えてしまう時がある。そのウソがなくなるように演出しています。役者たちが一生懸命にベストを尽くそうという覚悟が、お客さんの心をうつ芝居につながると思うのです。

(本がおもしろいって、既成じゃないですか!そして、覚悟という言葉も飛び出す愛すべきバカ真面目なイシケンさん。だからこそ、色んな人に可愛がられ慕われて人の輪が広がっているのだと感じました。)


Q:@nDANTEの公演は、例の掲示板の一行レビューやブログなどで賛否両論だったり評価がぱっとしない時もありますが、どう感じていますか。
A:自分としては、毎回、前回よりも面白くなっていてベストの公演をやっていると思っています。前回公演「タイフーンパニック」は評判が良かったけれど、そんなに飛び抜けて良かったとも思っていないので、よく分からない。圧倒的ななにかが必要なのかもしれない。

(毎公演ごとに選ぶ脚本のテイストや演出が異なっていると感じていて、劇団としての色を模索中なのか、スタイルがないのがスタイルなのかなど思っていましたが、やっている本人たちは、その時やりたいことを素直にやっているだけなのかもしれません。悩みながらも少しずつ大きくなって前に進もうとしている姿を応援したくなります。)


c08e48e4.jpgQ:イシケンさんはいつから愛を意識するようになったのですか。
A:最近、愛に目覚めました。山形に行って、(演劇ができる新潟との)距離が遠くなったからかな。去年の夏に参加した「創るつながるプロジェクト演劇WS」のファシリテーターの小濱さんも”愛”を大事にしていたことからも影響を受けていると思います。あと、これは載せなくていいのですが、スマイルプリキュア19話の「父の日」がテーマの回は、子供番組を越えているような素晴らしい話で、すごく感動しました。そこにも大前提として愛があったのです。

(載せなくていいっていうのは、載せてほしいってことでいいでしょうか。スマイルプリキュアの19話はネットでも神回と話題になっていたようです。)


mainchar.pngQ:3回目となる新潟演劇祭に皆勤賞ですが、なぜ出続けるのですか。
A:自分たちでも3回連続はないと思ったけど、応募したら通ったので。出れるんだったら出たいです。むしろ、なんで皆出ないの?りゅーとぴあでタダで公演できるし、チラシも沢山まいてもらえたりラジオに出演したりと宣伝もしてもらえるし、普段は来ないようなお客さんにも来てもらえるチャンスがあるのに。新規劇団はどんどん出て、そして沢山の人に批評されようよ。

(どうやら貪欲にチャンスをつかみにいく彼らには無粋な質問だったかもしれません。そして、最近増えてきつつある若手劇団に熱いメッセージ。)

P3024007.JPGシャイなメンバーたちは暇になったのか、遊び始めました。
シロちゃんにポッキーをくわえさせられている女の子は、稽古場リポートの見学に来ていた新大劇研の女の子です。名前を聞き忘れました。近いうちに彼女がリポーターをするようですよ!




では、この時にいたメンバーの皆さんから一言頂きましょう。

P3023991.JPG
ブルース
熊谷 千尋(BLUES)

出番は多くないけれど、全員でひとつのものを作っている事を大事にして、お客さんと楽しさを共有したいです。

P3024020.JPGシロちゃん
山田 稜子
形をキレイにするのも大切だけど、自分が本当の気持ちになってやらないとお客さんに伝わらないと思ってます。楽しい事は本当に楽しもうと、ポジティブに自分から率先して楽しくなるようにしています。
(シャイながらも一生懸命伝えようと話している姿にキュン。このピュアな感じがシロちゃんの由来なのかなと思いました。実物もっと可愛いです!)

P3024039.JPGルナシー
加藤 慎也
高校演劇以来の4年半ぶりに舞台に立ちます。初めての自分に似たような役は、なかなか上手くいかずに大変だったのですが、段々と楽しくなってきました。演じることの楽しさがお客さんに伝わればいいなと思います。ぜひ、沢山の方に観に来ていただきたいです!

(LUNA SEAのドラマーは真矢という方です。)

P3024001.JPGポッター
(彼は役者ではなく、音響スタッフの方です。新潟大学の合唱部で、「タイフーンパニック」に出演していた小坂さんが合唱をしていた縁で@nDANTEに参加し始めたそうです。
ポッターの由来は、見た目ではないかと想像しております。あのハリーポッターの、眼鏡で育ちの良さそうな雰囲気が似てます。合唱部だけあって声が素敵です。今度お名前教えてください

イシケン
石川直幸
沢山の人と友達になりたいんですよ!そのためにも、来もらった人も、芝居を作っている人たちも楽しめるようにしたいんです!そう思ってもらえるように楽しく面白い公演になるように稽古してます。そういう公演にします。だから、来てください!友達になりましょう!

(だいぶ私がはしょりましたが、必死に言葉を尽くして熱く語るイシケンさんから、意気込みが伝わってきました。友達になるというのは、思いを共感したいということだと思います。観に行って急に肩組みされるとかはありませんので、安心してご来場ください。)

---インフォメーション---

第3回芸術のミナト☆新潟演劇祭

劇団@nDANTE第7回公演
「お勝手の姫」

古びたレストランに久しぶりのお客がやってきた。
2組の男女は大学の教授に奔放な女に
弱気な男に・・・お姫様?
そこへ口うるさい叔母さんやら
謎の板前さんまでやってきてレストランは大混乱。
サクッとした口当たりの笑いと,
ほろっとビターなセンチメンタル。
大人の童話をご賞味あれ。

作:小川未玲 
演出:石川直幸
出演:加藤 慎也  山田 稜子  石川 直幸  東海林 美奈子  常木 哲哉(東区市民劇団 座・未来)  さくらもみぢ(星乃座)  熊谷 千尋(BLUES)

場所:りゅーとぴあスタジオB

料金:前売り\1,500、高校生以下\1,000 (当日は\500増し)

日時:3/16(土) 19:00 , 3/17(日)14:00 , 18:00

ご予約・問合せ
連絡先 090-9425-6193(石川)
andante.niigata@gmail.com

詳細
http://andantepage.web.fc2.com/




(文責:YUPPE


posted by 「例の掲示板」運営部 at 09:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古場リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。